本文へスキップ

胡椒の未来を考え活動する JAPAN PEPPER ASSOCIATION


胡椒生産国との交流

ベトナム胡椒協会
ベトナムのコショウ輸出量は近年 非常に伸びていて 現在、世界No1となっています。コショウの栽培方法を工夫し
1ヘクタールの土地から5〜7トンのコショウを収穫しています。

     
   ベトナム胡椒協会の方々と

マレーシア胡椒庁
マレーシアのコショウ栽培農園はボルネオ島のサワラク地方に集中していますサワラクは雨が多く、コショウの栽培
に適した土地となってます。また、コショウ飴やコショウゼリーの開発も行っています。
     
    マレーシア胡椒庁の皆さんと

スリランカ
キャンディー胡椒農園
スリランカのコショウ農園は古くから自然を生かした栽培方法を行っています。太く大きな木の根元にコショウの
苗を植えこみ、その木にコショウの蔓を巻きつけて行きます そのため、コショウの木はどんどん伸びて行き、収穫時には
ハシゴを利用します。
     

カンボジア
カンポット胡椒農園
カンボジアは長い間 内戦が続き歴史のあるカンポットペッパーの畑が ほぼ絶滅してしまいました。しかし 近年急
ピッチで再興されようとしています。

     

日本胡椒協会

〒358-0054
埼玉県入間市野田2215−15

TEL 04−2932−5656